ブログ

【企業1on1研修レポート】9月8日~9月9日の2日間で265名に1on1オンライン研修を実施 ~1on1を活用した組織文化の浸透~

先日、IT企業様に、弊社役員の吉川が2日間の1on1研修を実施させていただきました。

今回のテーマは、「挑戦を称賛し、失敗共有を歓迎し、遠慮なく発言できる文化の醸成」という組織文化の浸透を実現すること。メンバー1人1人が安心して発言し、自分らしく働くことができ、生産性の高いチームになることを目的に行いました。事前の打ち合わせで、クライアント様にて行った社内アンケート結果を共有いただき、研修の狙い、求める効果等から研修を設計しました。

実は、1on1はすでに実施されていらっしゃるのですが、今回は、「組織文化」を浸透するために、1on1に対する理解度を向上し、効果的な1on1の手法を学ぶ流れとなりました。1on1は部下と毎週行うものなので、マネージャーやリーダー全員が納得したうえで施策を展開できると、組織文化の浸透にとても効果的な施策です。

午前中はワークを含めた2時間30分の座学。オンライン研修には、関西、東北など東京以外の全国の支店から、なんと265名もの方にご参加いただきました!研修の冒頭で、組織の課題を全員で共有し、自分ごととして研修の目的・ねらい、そして、その施策のひとつとして1on1研修があるという位置づけをお話させていただきました。そのうえで、午前中は「1on1の基本的なこと」から、どういうときに、どのような狙いで、1on1を展開していけばいいのか、その構成やスキルについても具体的にお話しました。

午前中の質問コーナーでは、
・1on1を部下から見たときに、どのように捉えてもらえばいいか?
・1on1の時間が不足する場合にはどうしたらいいか?
・キャリア形成をゴールにすると、毎週続けられないが、何をゴールにおいたらいいのか?などの質問がありました。

午後・翌日の午前中はマネージャーのみ、2日間のうちどちらかにご参加いただき、1on1の実践ワークを行いました。1回の参加者は約20名。講師が、具体的によくある上司と部下のシーンを例にあげ、どのような1on1を行えばいいのか、参加者の皆さんがチームに分かれてディスカッションしその結果を発表します。チーム分けについては、オンラインの機能で、4つのチームに分かれてブレイクアウトセッションをしましたが、チームによっていろいろな発表がありました。

・1on1をどういう目的で行うかをあらかじめ決めておく
・本人が気づいていない課題を気づかせる
・進捗を確認しながら、良い点は肯定しつつも提案をいれる
・みんなでサポートするから思い切りやっていいよ、と、挑戦を称賛する文化とあった形でフィードバックする
…等々

講師からは、定量的な把握や、相手が話しやすくするために上司である自分の意図を伝えたり(責めているわけではなくて、フォローしたいなど)、提案をしたり期待をいれたり、1on1以外の場でできるサポートを考えていくなどの回答例を出させていただきましたが、1on1には正解がありません。方法も人によってたくさんあります。そのため、実際の事例をマネージャー同士で共有したり、話し合ったりすることは、全体のスキルアップにつながります。

コロナ禍の現在はリモートワークが増え、関係づくり、コミュニケーションの必要性が増えています。
しかし、それは、新たなコミュニケーションを試していくチャンスでもあります。
今回の研修によって、1on1の効果を最大化し、組織文化の浸透につながる一助になれば幸いです。

御社に従業員キャリアコンサルティグ、1on1代行サービスを導入しませんか? お問い合わせはこちら

羽石 乃理子

株式会社キャリアデザインコンサルティング 代表取締役社長
国家資格キャリアコンサルタント/社会保険労務士
プロフィールページ

関連記事

  1. 【イベント登壇】個と組織が高めあう場としての1on1(7/29開…
  2. 1on1セミナーレポート セミナーレポート:【1on1超実践講座】基礎的な理論から実践的な…
  3. 1月29日セミナー あの企業の急成長を支えた!ノウハウ習得セミナー やる気・行動を引…
  4. 【全員リモート参加】1on1オンライン研修を開催しました。 ~効…
  5. 1on1セミナー2 1on1セミナー開催レポート
  6. 【1on1超実践講座】セミナー 【1on1超実践講座】基礎的な理論から実践的なワークショップまで…
  7. 「1on1」注目のマネジメント手法とは?
  8. 【イベント登壇】ウチの1on1 ー職種別・フェーズ別あるあるの傾…

最近の記事

  1. 1on1セミナーレポート

お問い合わせはこちら

PAGE TOP