ブログ

【大手IT企業様に育成制度/1on1導入】マネジメント人材を育成し1人1人の社員のキャリア形成を行い、組織・社員のパフォーマンスをあげたい

大手IT企業様のビジネスのさらなるスケールのため、組織・社員のパフォーマンスをあげることをテーマに、
経験学習を育成方針のコアに経験から学ぶための仕組み作りとして、「経験学習を基盤とした育成サイクル」と、3つの制度導入をさせていただきました。
①「1on1」
②「キャリア開発カルテ」
③「キャリア開発支援ミーティング」

この「経験学習を基盤とした育成サイクル」を導入した背景として下記のようなニーズ・課題がありました。

1、ビジネスをさらにスケールするため、組織・社員のパフォーマンスをあげたい

2、マネジメント人材の育成が急務

3、社員一人ひとりのキャリア形成を行うことにより、離職を食い止め、長期的に社内文化を形成しながら、社員が自己実現できる会社にしたい

企業様では、既に1on1を導入し、管理職試験など各種人事制度は整っていましたが、社員が「育成・成長」を自分ごと化して、「上司による育成」から「自身による成長の習慣」に昇華させ、継続的に成長できる仕組みづくりが必要でした。

具体的な支援のステップとして、まずゴール設定を行ったうえで、私どもから社員の方にインタビューをさせていただき、ES評価結果などから、育成に関する現状や課題を把握し、課題を整理・考察し、具体的な計画を立てました。

ですが、制度導入の際に気を付けたいのが、ホラーストーリーです。
苦労して導入しても、制度が定着せずに形骸化しては意味がありません。制度を有効に活かしていくには、「社員が自分ごと化」することが欠かせないのです。ですから、育成制度の導入前に課題を解決しておく必要があります。

具体的には、社員の方へのインタビュー結果などから、下記のような課題を解決しました。

  • 既存1on1のペアリング見直し
  • 上司が1on1を行う人数を最適化
  • 心理的安全性が担保されるよう、環境改善や仕組みの見直し
  • 上司向け、部下向け、それぞれに1on1のマニュアルを用意
  • 1on1実施後はフィードバックツールを用いて、改善のサイクルを回す

今回は、ビジネス部門とエンジニア部門について、同時並行でヒアリングを行い、組織課題を抽出しました。
エンジニア組織においては、事業の責任者、技術の責任者をどのように連携させていくかについては、弊社の吉川からヤフー社エンジニア部門でのマネジメント経験をもとにアドバイスをさせていただきました。

1on1を中心に「経験学習を基盤とした育成サイクル」を作り、社員が自律し、ビジネスのスケールにつなげる。
このような良い循環ができるよう、これからもお手伝いさせていただきたいと思います。

御社に人材育成制度・1on1を導入しませんか? お問い合わせはこちら

羽石 乃理子

株式会社キャリアデザインコンサルティング 代表取締役社長
国家資格キャリアコンサルタント/社会保険労務士
プロフィールページ

関連記事

  1. 1on1研修 【1on1導入に向けた研修実施レポート】 鹿児島県ナンバー1ハウ…
  2. 【全員リモート参加】1on1オンライン研修を開催しました。 ~効…
  3. 1on1セミナーレポート セミナーレポート:【1on1超実践講座】基礎的な理論から実践的な…
  4. 1月29日セミナー あの企業の急成長を支えた!ノウハウ習得セミナー やる気・行動を引…
  5. 1on1セミナー2 1on1セミナー開催レポート
  6. 【1on1超実践講座】セミナー 【1on1超実践講座】基礎的な理論から実践的なワークショップまで…
  7. 【導入事例_大手IT企業様】2日間で265名に1on1オンライン…
  8. 【イベント登壇】個と組織が高めあう場としての1on1(7/29開…

最近の記事

  1. 1on1研修

お問い合わせはこちら

PAGE TOP